スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    犬の留守番のさせ方【ペットのストレス】
    0

      安心して犬に留守番をさせるにはどんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

       

      子犬を留守番に向かない

      犬はとても社会性の豊かな動物で、親犬や兄弟犬と一緒に過ごして生きていくために必要な社会性を学んでいきます。
      だから子犬が長い時間ひとりぼっちにして置く事は、心身の健康上良く無く、孤独や不安を感じストレスを溜めます。 子犬はストレスが溜まると「吠える」「噛む」「破壊する」寂しいと暴れだします。

       

      そして、子犬は長時間トイレを我慢できないので、ケージの中で排尿や排便をする事を間違って覚えてしまう事もあります。 子犬は一人で留守番は向いて居ません。

       

      犬はイタズラ好きです。
      サークル内で過ごす犬の身近にあるものと言ったら、食器やトイレシートやおもちゃです。

      犬が口にされては困るものや破壊されそうなもの、そして犬に危険を及ぼすかも知れない物は犬の手が届く所に置かないようチェックしておきましょう。

       

      電気や通信の配線は、犬が感電する恐れがあるのでしっかり確認して置きましょう


      温度や湿度の調整も
      室内で飼い続けてる犬は季節によって「毛の抜け替わり」がありません。 室温湿度調整はして上げなければなりません。

      特に夏場の日中は室内がどこまで高くなるか分からないので、26度位の弱冷房を掛けてあげると、良いです。


      声掛けは逆効果です
      一人留守番の犬に対して「行ってくるね」とか言って出かける人は多いと思いますが「挨拶」って人と人の礼儀作法であって、犬にとっては「留守番の合図」になるだけで精神的な苦痛が多くなるだけです。

       

      逆に、出かける事を悟られない様にするくらいが良く、飼い主さんの匂いがついた物をそばに置いてあげたり、テレビを付けたり音楽を流す事で、飼い主さんが居そうな気がして犬に「安心感」を与える事が出来ます。

       

      ⇒ 離れてるペットとスマホでコミュニケーション

       

       

       

       

       

       

       

       

      | カリカリマシーンSP | ペットの事情など | 13:02 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 13:02 | - | - |